福祉専門職 記録の書き方研修 - 介護・福祉人材養成センター

介護・福祉人材養成センター

福祉専門職 記録の書き方研修

京都保育福祉専門学校 岡本学院長との連携

福祉専門職 記録の書き方研修

研修の詳細情報

募集人数 20名(先着順)
研修日時 2020年10月9日(金)9:30〜17:00(受付開始9:00)
研修場所 介護・福祉人材養成センター(中六人部会館2階)
受講料 2,000円
講師 岡本匡弘 先生(京都保育福祉専門学院学院長)
講師経歴 京都保育福祉専門学院は、京都で最も歴史のある社会福祉の専門校として、これまでに数えきれないほどの介護のプロを育てておられます。京都で唯一の社会福祉法人立の専門学校として、人に寄り添う教育を重視し、介護のスペシャリストを養成されています。
目的 日々、変化の大きい制約のある人や高齢者の支援では、日々のかかわりの記録は必要不可欠です。日々の記録があることで継続した支援が展開できる。そのために、事実と判断を区別した記録を作成できるようになることを目的とする。
申込期日 2020年10月2日(金)

研修日程一覧

研修プログラム 演習資料
1)記録の意義・目的 1)NGワードの言いかえ
2)記録の書き方の原則 2)利用者・家族にもわかる言葉づかい
3)よい記録を書く方法 3)プロセスレコードによる記録の作成
4)記録の保管について 4)かかわり場面の記録の書き方
5)記録を書く時のこころえ 5)文章作成チェックリストによる表現の確認
6)好ましくない記録  
7)記録の5要素  

資料ダウンロード

  • 資料請求をする
  • お問い合わせ

お問い合わせ

PAGE TOP